プロフィール

Scone kitchen panipani

Author:Scone kitchen panipani
宮古島でさとうきび畑の緑肥として作られている黒ささげ、多良間島の黒糖など島素材を使ったスコーン屋さんで、おばあちゃん達がワイワイガヤガヤとスコーンを焼いています。先ずは一人で始め、将来こんなScone kitchenを作るのが夢です。商売もお菓子作りも全くの素人ですが、夢に向かって歩んでいきます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

パニパニカウンター

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファリーヌのスコーン

1日に30種類もの焼き菓子を焼くというかのさん、柏崎で「無添加焼菓子 ファリーヌ」を経営されています。このブログにコメントを寄せていただいたことがきっかけで知り合いました。
かのさんのスコーン、食べてみたくて横浜から友人が工房見学に来る日に合わせてお取り寄せしました。(通常、通販はされておらず、無理にお願いしました)

手書きのかわいいネコメモが添えられており、包装一つひとつに温かみを感じます。

 ファリーヌのスコーン

プレーンスコーン           @120円
チーズとくるみのスコーン      @140円
小田原夏みかんピールのスコーン @140円
グラハム粉のスコーン        @120円
オートミールのガレット        @120円

とってもリーズナブルの価格設定、数をこなさないとやっていけないだろうなーと思いながら友人4人でいただきました。
パニパニスコーンよりちょっと甘めのレシピのようですが、バターの香りがしてどれもしっとりと食べやすく、飲み物なしでオーケーの美味しいスコーンでした。特にグラハム粉のスコーンとオートミールのガレットは粉の風味があり好きな味でした。甘いモノ好きのMっちゃんはどれもおいしー!!とニコニコでした。
サイズも小ぶりで、あれもこれも種類を食べたいと言う方にはおススメです。

お取り寄せしたのがちょうどHPを立ち上げ注文を受け始めたばかりの頃、時間がなくてブログ更新ができず1か月遅れの報告となりました。
かのさん、ごめんなさいねー。

関連記事

テーマ : 独立・開業 - ジャンル : ビジネス

<< ギャラリーカフェ SORA | ホーム | 感謝! >>


コメント

沢山作ること

パニパニさん、こんにちは。
ファリーヌさんのHP拝見いたしました。
パン同様、焼き菓子も夏場は売り上げが落ちるのですね。
一日に30種類の焼き菓子とは、個人店では多種類は必須みたいです。
一人で切り盛りしているパン屋さんでも40~50種類は作ってます。
特に日本人は飽き易いので新商品は欠かせないそうです。

Re: 沢山作ること

ハルパンさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。

今、4種類作って発送するのに慣れてきたところ、
一日、30種類もなんて私にはまだまだ先の話しです。

確かに同じメニューだと飽きがくる、私もその辺は考えています。
来月からしょうがが加わります。
少しずつメニューを増やして、作業の段取りがわかってきたら
種類が増えても対応できる思います。
早くそうなれるよう頑張りますね。
ありがとう!

ありがとう

ブログにアップしてくださり、ありがとうございます。
私も夏向けにちょっとレシピの配合、変えてます。
甘み控えめ、バターも若干控えめでさっぱりめに。

けど、この時期、バターの扱い、難しくないですか?

私のお店、ショップとキッチンが分かれていて(廊下を挟んで分断されてるんです)、ショップ側にはちゃんと冷暖房があるけど、キッチンにはないんですよ。雪がモサモサ降っている時期はさすがに耐えられず、ヒーターを持ち込んで暖を取っていましたが、夏場はどうにもならない!粉を扱っているのに、まさか扇風機というわけにもいかないし。

低資本で、初期投資をあまりしないでやろうと思っているし、今の物件でどれだけ続くかもわからないので、クーラーの工事をする気にもなれず・・・
毎日、35度超えのキッチンで何時間も動くのは、結構くたびれます。溶けるバターとの戦いです。

Re: ありがとう

かのさん

こちらこそ、いつもありがとうございます。
あれもこれも器用にできる人間ではないので、アップするのが遅くなってしまいました。
ごめんなさいね。

キッチンに冷房がないとこの時期は辛いですよね。
一応、工房に冷房は付いています。
でも梱包作業する場所に近く、生地を作る作業台からは離れているので、かのさん同様バターが溶けます。
だから、冷凍庫に入れたり出したり・・・。
私も悪戦苦闘です。

大きな買い物は避けたいですよね。
私もお金をかけずにと思って、色々工夫しているつもりですが、
それでもドンドン出ていく・・・。

スコーン屋さんにとって夏は我慢のしどころでしょうか。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。